今の家に住みながら不動産売却する方法は?注意点も解説

今の家に住みながら不動産売却する方法は?注意点も解説

不動産を売却するとき、今の家に住みながら売却できれば安心して引っ越しができます。
今の家に住みながら不動産売却するには、いくつかのポイントを押さえなければいけません。
そこで今回は、住みながら不動産売却をする方法についてご紹介します。
家に住みながら不動産売却を考えている方は参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらする方法とは

不動産売却を住みながら進めていく方法を解説します。
不動産売却の流れは、住みながらでも退去後の売却と手順は変わりません。
査定→広報活動→希望が決まれば内覧→契約と言った流れです。
住みながら売却を考えている方は、メリットとデメリットを踏まえておくと安心です。

住みながら売却するメリット

メリットとしては、売却して得たお金を引っ越しや新築の費用に充てられることです。
何かとお金がかかる引っ越しでは、ある程度のまとまった金額があると安心です。

住みながら売却するデメリット

デメリットとしては、内覧の時の掃除が難しくイメージが悪くなってしまうことがあります。
内覧とは、不動産の購入希望者が部屋の中を見ることです。
希望者のスケジュールに合わせるので、掃除をするタイミングが難しく生活感が出てしまいます。
そのため、本来の住居のイメージとは違う印象になってしまうことがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらするときの注意点とは?

住みながら不動産売却を進めるには、いくつかの注意点があります。
ポイントを押さえながら進めていき、スムーズな取引ができるようにしていきましょう。

内覧がいつでもできる状態にしておく

内覧の予定は、いつ入ってくるか分からないため、ある程度きれいな状態にしておくようにしましょう。
もし忙しい方には、業者のハウスクリーニングを利用する方法もあります。
買う人が、住みたいと思ってもらえるような部屋の状態にしておきましょう。

新居の予定も並行して進める

売却活動と並行して、新居の予定も並行していく必要があります。
売却が決まると、今住んでいる家から退出しなければいけません。
引っ越し先や新居先を見当をつけておかないと、住む家がなくなる場合もあるので、早めに見当をつけておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却を住みながらする方法についてご紹介しました。
実際に住みながらするには注意点がありますので、ポイントを押さえておこないましょう。
神戸市西区を中心に不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ「アークコート藤」の無料査定依頼をご利用ください。
HP上から不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0800-808-4061

営業時間
09:00~17:30
定休日
水曜日

関連記事

不動産売却

ローン・税金・費用

相続・離婚・法律

リフォーム・修繕・インスペクション

売却査定

お問い合わせ