負動産にしないための不動産売却!富動産に変えるための解決方法とは

負動産にしないための不動産売却!富動産に変えるための解決方法とは

負動産と呼ばれる不動産物件が増加傾向にあることをご存知でしょうか。
ご両親から相続した不動産が負動産化するケースも多く見られ、負動産の問題は身近な問題となる可能性もあります。
今回は負動産の概要や、富動産に変えるための解決方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための不動産売却!負動産とは

負動産とは活用できないまま維持費がかかり、所有しているだけでマイナスとなる不動産物件のことをいいます。
ご両親から相続した不動産が地方や不便な地域にあり、負動産化するケースもよく見られます。
不動産物件は所有しているだけで、毎年固定資産税を支払わなければなりません。
また空き家であっても清掃や除草、マンションならば管理費などの支払いも必要です。
そのため活用のできていない不動産は、所有しているだけでマイナスとなる負動産となってしまうのです。
全国的にも活用されていない空き家は増加傾向にあり、社会問題となりつつあります。
そんななか、平成27年2月26日から「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家対策特別措置法)」が施行されました。
この空家対策特別措置法によって、空き家が近隣に悪影響を及ぼしていると判断されると行政措置が取られる可能性があります。
例えば、家が建っている土地の固定資産税は6分の1になるという特例が受けられなくなる可能性もあります。
そのため活用できていない空き家は、放置せずに早めの対処をしなければなりません。
負動産を富動産にするためにも、ご両親が元気なうちに不動産をどうするか相談をしましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための不動産売却!富動産にするための解決方法とは

売却や賃貸としての活用が難しい戸建なら、シェアハウスとして貸し出す方法があります。
「ひとり親向けシェアハウス」や「戸建老人ホーム」など、老人ホームとしてのニーズに着目することもおすすめです。
また地方などの田舎暮らしの希望者に向けて、農地付き空き家として貸し出す方法もあります。
田舎の空き家を所有している場合は、空き家バンクを利用すると便利です。
空き家バンクとは、空き家の売却や賃貸として活用したい人と、空き家を探している人をマッチングしてくれるサービスです。
また空き家の解決方法として多くの方が選択する方法は不動産売却です。
不動産物件は、価値があるうちにタイミングを逃さず売却することがおすすめです。
売却が難しい場合は、不動産会社による買取も検討しましょう。
リフォームなどせずにそのままの状態での売却が可能なため、遠方でなかなか現地に行けない方にもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

負動産とは、維持費や固定資産税などの費用がかかり、所有しているだけでマイナスとなる不動産物件のことをいいます。
負動産を富動産にするためにも、不動産売却や賃貸として貸し出すなど、早めに解決方法を検討することが重要です。
不動産売却でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
神戸市西区を中心に不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ「アークコート藤」の無料査定依頼をご利用ください。
HP上から不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0800-808-4061

営業時間
09:00~17:30
定休日
水曜日

関連記事

不動産売却

ローン・税金・費用

相続・離婚・法律

リフォーム・修繕・インスペクション

売却査定

お問い合わせ