周囲に気付かれずに不動産売却できる?売却活動のポイントをご紹介

周囲に気付かれずに不動産売却できる?売却活動のポイントをご紹介

不動産の売却にはさまざまな事情がありますが、ローンの滞納やご近所トラブルといったネガティブな理由であることも珍しくありません。
売却を周囲の方に知られたくない場合、売却活動はどんな風に進めていけば良いのでしょうか。
今回は、不動産売却をお考えの方に向けて、周囲の方に気付かれずに売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を気付かれずに売却する方法:媒介契約のポイント

不動産売却では、売却活動を依頼する仲介業者と媒介契約を締結します。
周りに気付かれずに売却をするには、この媒介契約にも注意が必要です。
媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。
1社のみと契約する専任媒介契約と専属専任媒介契約は積極的な活動が期待でき、通常はおすすめの契約形態です。
しかし、周囲に気付かれずに売却したいという希望があるケースに限っては、一般媒介契約のほうがおすすめです。
一般媒介契約はレインズへの登録義務がないので、広く情報が出回る心配がありません。
情報が制限されることで売却活動が長引く可能性がありますが、どうしても知られたくないのであれば検討してみるのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を気付かれずに売却する方法:売却活動のポイント

不動産売却を気付かれずにおこなうには、売却活動も工夫する必要があります。
近隣へのポスティングやチラシの配布、売物件のぼりや看板の設置などをおこなうと、売却のことがすぐに近所の方にバレてしまいます。
また簡単に検索できる不動産ポータルサイトに物件情報を公開すると、一般に知られやすくなります。
そのため売却活動を依頼する仲介業者に、周囲に知られたくない旨を伝え、協力を仰ぐのがおすすめです。
売却のチラシを配布するエリアを制限する、不特定多数の方が出入りするオープンハウスなどは控えるなどの工夫が必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を気付かれずに売却する方法:売却期間のポイント

売却にかかる期間は一般的には3か月から半年、さらに長引いてしまうこともあります。
不動産売却に時間がかかってしまうと、見学者や不動産業者が長い期間頻繁に出入りすることになり、近所の方に気付かれやすくなります。
売却期間を長引かせないためには、築年数や立地などとバランスのとれた適切な売却価格を設定するのがポイントです。
また相場よりも価格は安くなってしまいますが、売却活動が不要で時間がかからない買取を検討してみるのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

近隣に気付かれずに不動産売却を進めるには、集客が期待できる売却活動を控えることになり、結果的に売れ残ってしまうことも考えられます。
希望売却価格、活動期間、情報公開の制限、どれを優先するのかを決めて、売却計画を立ててみましょう。
神戸市西区を中心に不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ「アークコート藤」の無料査定依頼をご利用ください。
HP上から不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0800-808-4061

営業時間
09:00~17:30
定休日
水曜日

関連記事

不動産売却

ローン・税金・費用

相続・離婚・法律

リフォーム・修繕・インスペクション

売却査定

お問い合わせ