不動産売却後も住み続けられるリースバックとは?メリットをご紹介!

不動産売却後も住み続けられるリースバックとは?メリットをご紹介!

「リースバック」という言葉をご存じでしょうか。
新築を購入したけど、ローンの返済が難しいなど、何らかの理由により、今の家を手放さなければならない状態などにおすすめなのがリースバックです。
リースバックは売却した後も、賃貸借契約を結ぶことで今の家に住み続けることができる仕組みです。
そこでリースバックについて詳しく知りたい方にメリット・デメリットとともに解説していきます。
神戸市西区周辺のお住まいの方で、不動産売却をお考えの方は是非参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却後も住み続けられる「リースバック」とは

リースバックとは「セール アンド リースバック」の略称で、一言でいえば、自宅を売却しても買主と賃貸借契約を結ぶことにより、今までどおり住むことができる仕組みです。
こうした仕組みが増えている背景は、高齢化社会が進む中、老後の資金やセカンドライフに備えておきたいなど、生活に不安を感じている方が多くなってきているからです。
リースバックは、売却することで、まとまった資金が一括で入手でき、その使い道を自由にすることができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却後も住み続けられるリースバックのメリット

売却後も同じ家に住むことができる

リースバックの最大のメリットは、売却した後も同じ家に住み続けることができることです。
引っ越しをする必要も、ご近所との関係も気にすることなく今までどおり生活をすることができます。

税金などのコストが減る

持ち家の場合は、ローンなどの返済の他に固定資産税などの税金が発生します。
しかし、リースバックすることで、このような税金は新たな所有者が負担するため、賃料のみの支払いになり、コストが減ることで負担が少なくて済みます。

将来、買戻し(再購入)も可能

リースバックで売却した物件は「買い戻し特約」をつけることで、将来的に買い戻しをすることもできます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却後も住み続けられるリースバックのデメリット

売却金額が相場以下になることがある

リースバックで売却した場合は、仲介による売却と比べて価格が安くなることがあります。

賃貸借契約書により期間が設けられている

将来ずっと住み続けられるわけではなく、売却先と賃貸借契約書により期間が設けられていることがあります。
しかし、再契約などにより長く住み続けることは可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却後も住み続けられる「リースバック」についてご紹介してきました。
リースバックを活用する方は、さまざまな理由から広まってきてはいますが、今までどおり住み続けられるのは大きな利点ではないでしょうか。
神戸市西区を中心に不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ「アークコート藤」の無料査定依頼をご利用ください。
HP上から不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0800-808-4061

営業時間
09:00~17:30
定休日
水曜日

関連記事

不動産売却

ローン・税金・費用

相続・離婚・法律

リフォーム・修繕・インスペクション

売却査定

お問い合わせ