オーバーローンでは不動産売却できない?調べ方と売却方法をご紹介

オーバーローンでは不動産売却できない?調べ方と売却方法をご紹介

オーバーローンとは、不動産の売却価格より住宅ローン残高のほうが高い状態をいいます。
住宅ローンの返済が滞ってしまったり、離婚により不動産売却が必要だったりしても、オーバーローン状態での売却は困難です。
そこで今回は、オーバーローンとはなにか、その調べ方と売却を可能にする任意売却について解説します。
神戸市西区周辺の不動産売却でお困りの方は、弊社へご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンとは?不動産売却が困難な理由は?

オーバーローンでは、なぜ売却が困難なのでしょうか。

オーバーローンとアンダーローン

不動産の売却価格よりも住宅ローンの残高のほうが高い状態を「オーバーローン」といいます。
たとえば、住宅ローンは3,000万円残っているけど、売却価格は2,500万円にしかならない、という状態です。
反対に、不動産の売却価格が住宅ローンの残高を上回っている状態を「アンダーローン」といいます。

オーバーローン状態では売却が困難な理由

不動産の売却時には、住宅ローンの完済が原則です。
なぜなら、ローンを組む際に設定されている抵当権は、ローンを完済することが解除条件であるからです。
抵当権の設定されている不動産は売却が不可能である、というわけです。
一方、アンダーローンの状態であったり、オーバーローンでも足りない金額を自己資金などで補填してローンを完済できたりすれば、通常の売却が可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンかどうかの調べ方と不動産売却方法

調べ方

オーバーローンかどうかを調べるには、「住宅ローンの残債(残高)」と「不動産の資産価値(売却価格)」を差し引きすることで分かります。
住宅ローンの残債(残高)
借り入れ先の金融機関から届いている「ローン返済計画書」や「残高証明書」を確認します。
また、金融機関によってはインターネットで返済状況の確認ができることもあります。
資産価値(売却価格)
自分で調べるには、近隣で同じような条件の物件がいくらで売り出されているかや、過去に取り引きされた成約事例を調べることでおおよその金額が分かります。
また、不動産会社へ査定依頼することで、より正確な金額を知ることができます。
神戸市西区周辺の不動産査定は、弊社へご依頼ください。
資産価値から住宅ローン残債を引き算して、結果がマイナスであればオーバーローン、プラスになればアンダーローンです。

オーバーローン状態で不動産売却する方法は「任意売却」

借り入れ先の金融機関の同意を得ることにより、オーバーローンの状態でも不動産を売却できる方法が「任意売却」です。
任意売却では通常の売却と同様に市場価格で売却できる可能性が高く、売却後に残ったローン残債は、金融機関との交渉により無理のない返済計画を立てることができます。
もし住宅ローンの返済がすでに滞ってしまっているのであれば、早めに任意売却を検討してみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

オーバーローンの状態でも売却したいという方、まずはご相談ください。
神戸市西区を中心に不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ「アークコート藤」の無料査定依頼をご利用ください。
HP上から不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0800-808-4061

営業時間
09:00~17:30
定休日
水曜日

関連記事

不動産売却

ローン・税金・費用

相続・離婚・法律

リフォーム・修繕・インスペクション

売却査定

お問い合わせ